脱毛デメリットの比較

脱毛ガイド

脱毛デメリットの比較

Topレーザー脱毛とニードル脱毛の比較 > 脱毛デメリットの比較


このエントリーをはてなブックマークに追加



医療レーザー脱毛!5回セット70%OFF☆

銀座カラーの全身脱毛\175,000!!

【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円

レーザー脱毛の場合

レーザーが黒い色素に反応するため、脱毛前に日焼けはできません。
また、乳首などの色素の濃い部分も脱毛することができません。
日焼け止めなどを塗ったままの脱毛もできません。
そして、毛の色素に反応して脱毛するので、自分で無駄毛を抜いてしまうと、反応する部分がなくなってしまうのでレーザー脱毛できなくなってしまいます。
同じく、無駄毛を脱色してしまうと色素に反応しにくくなってしまうので脱毛できません。

レーザー脱毛に関しては、できるだけカミソリでの処理をして当日まで備えておく、日焼けはしない、といった準備が必要です。
また、色素の濃い部分はレーザー脱毛できないということですね。

ニードル脱毛の場合

ニードル脱毛は一本一本脱毛していくのでとても時間がかかります。
また、毛穴に針を入れるのと電気を流して、さらに毛を脱毛することから、とても強い痛みが伴います。
エステでは無理ですが病院であれば麻酔を処方してくれるので痛みに関しては医師と相談してみましょう。
ニードル脱毛はエステではなく、病院で受けるほうがトラブルが少なくなります。

レーザー脱毛もニードル脱毛も、どちらも医療行為ですので、エステではなく、医療機関での脱毛がトラブル回避の第一歩です。
エステで脱毛する場合はしっかりとカウンセリングなどで話を聞いておきましょう。

ジェイエステティック

銀座カラー 脱毛キャンペーン