ニードル脱毛の注意点

脱毛ガイド

ニードル脱毛の注意点

Topニードル脱毛の基礎知識 > ニードル脱毛の注意点


このエントリーをはてなブックマークに追加



医療レーザー脱毛!5回セット70%OFF☆

銀座カラーの全身脱毛\175,000!!

【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円

できれば病院で

ニードル脱毛・針脱毛でもエステなどではなく、医療機関で脱毛することをお薦めします。
エステでは施術者の技術にとても左右される脱毛ですので、火傷や色素沈着をおこしたり、肌を傷めたりと安全な脱毛が保障されていません。
医療や毛穴を理解せずに脱毛機器の使い方を知っているだけで脱毛している可能性もあります。

医療機関であれば麻酔も使うことができるので、ニードル・針脱毛は必ず医療機関でするようにしましょう。

ニードル脱毛前は剃ったり抜いたりしないで

また、ニードル・針脱毛は、ある程度毛が生えている状態でないとできませんので、無駄毛を剃るだけでなく、自分で脱毛するのは控えておきましょう。
自分で脱毛してしまうと、その部分をニードル・針脱毛できなくなってしまいます。

あなたのことを考えてくれるところを選びましょう

脱毛以外では、ニードル・針脱毛前に事前カウンセリングがありますが、このカウンセリングを細かく、しっかりと行ってくれるところを選びましょう。
カウンセリングが不十分で、脱毛のコースや入会などをやたらと勧めるエステなどは美容というよりもなんとかして顧客を掴みたいということが先行してしまっているので、技術も確かかどうかは微妙なところです。
親身になってカウンセリングをしてくれる病院を選びましょう。

アフターケアも大切です

脱毛後は毛穴の中の毛根まで針を入れることになるので、とても刺激を受けた状態になります。ニードル・針脱毛直後のアイシングだけでなく、帰宅後のローションやアイシングなども、医師の指示に従って正しくケアしてあげることが大切です。

ジェイエステティック

銀座カラー 脱毛キャンペーン