レーザー脱毛の注意点

脱毛ガイド

レーザー脱毛の注意点

Topレーザー脱毛の基礎知識 > レーザー脱毛の注意点


このエントリーをはてなブックマークに追加



医療レーザー脱毛!5回セット70%OFF☆

銀座カラーの全身脱毛\175,000!!

【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円

日焼けは絶対にしない

レーザー脱毛前後のどちらにも共通して言えることですが日焼けは特に避けましょう。
日焼けした皮膚のメラニン色素に反応してしまい、脱毛できなくなってしまいます。
また、脱毛後の日焼けは肌に色素沈着を起こす場合があります。

また、日焼け止めを塗ったままの状態でのレーザー脱毛も危険ですので、脱毛当日は日焼け止めなどは塗らないで行きましょう。

毛抜きでの処理、脱色はしない

そしてレーザー脱毛する前に毛を剃るのは大丈夫ですが、自分で脱毛してしまうことは避けましょう。肌の下にある毛のメラニン色素に反応するため、レーザーに反応しなくなります。

また、毛は脱色せず、そのままにしておきましょう。色を抜くことでメラニン色素が不十分になり、完全に脱毛できない可能性がでてきます。

レーザー脱毛したのに生えてくる無駄毛は処理していない毛です

毛には発毛のサイクルがあり、発毛活動を休止している毛があります。冬眠状態で表面には出てきていないと考えてください。
そのような毛についてはレーザーで脱毛することはできず、その毛が生えてきたときにまた処理することになります。
だいたい2ヶ月くらいの期間を設けて発毛のサイクルにあわせて脱毛していきます。
体質にもよりますが、通常5-6回程度の脱毛で永久脱毛になると言われています。

やはり痛みは少なからずあります

針脱毛に比べて痛みが少ないのは確かですが、痛みが全くないというものではありません。
一般的にゴムではじいた感じと言われていますが、脱毛する部位、毛の濃さ、密集度などでレーザーの照射強度を変化させます。
部位によっては痛みを強く感じる部分もあると思いますので、麻酔や冷却などで痛みを軽減させます。

ジェイエステティック

銀座カラー 脱毛キャンペーン