全身レーザー脱毛できない場合

脱毛ガイド

全身レーザー脱毛できない場合

Top全身脱毛 > 全身レーザー脱毛できない場合


このエントリーをはてなブックマークに追加



医療レーザー脱毛!5回セット70%OFF☆

銀座カラーの全身脱毛\175,000!!

【今だけ】3回で実感医療レーザー脱毛!2,100円

レーザー脱毛を全身やる場合に限らず、レーザー脱毛ができない場合があるので注意しましょう。

まず、日焼けした状態ではレーザー脱毛ができません。
日焼けした肌のメラニン色素にレーザーが反応してしまい、毛乳頭だけにレーザーが照射されず肌がレーザーに反応してしまうためです。
その結果火傷を起こすので日焼けは必ず避けましょう。

また、皮膚の色素の濃い部分は脱毛できないと考えてください。
たとえば乳首や陰部などはレーザー脱毛できません。
理由は前述の通りです。

また、出血性の疾患や皮膚疾患のある方、光アレルギーのある方や光感受性のある薬を服用している方、飲酒している方、衰弱の激しい方などはレーザー脱毛が受けられない可能性があります。
カウンセリングなどでしっかりと相談しましょう。

ジェイエステティック

銀座カラー 脱毛キャンペーン